テナー

坂本晴則 (トップテナー担当)

グループ創設の言い出しっぺ。小学生の時、呉少年合唱団所属、
広島大学で東雲混声合唱団パストラールに所属。
現在は呉混声合唱団にてテノールパートリーダー。
学生時代より少人数のコーラスの魅力にも目覚め現在に至る。


テナー

森 敦志 (トップテナー、セカンドテナー担当)

スターボーイズ期待の若手。呉混声合唱団所属。呉混では
マネージャーの大役を務める。
トップテノールからバリトンまで器用にこなす。
普段はNCプログラマーなる仕事をこなし、スポーツカーを乗り回す。


テナー

砂川則和 (セカンドテナー担当)

呉混声合唱団歴20数年の強者。呉混でもサブマネージャー、サブパート
リーダー。現在,他団体の助っ人としても精力的に音楽活動を続ける。
また、毎年、呉市成人式では呉市歌を堂々と歌いあげている。
甘い歌声では右に出るものはいない。


ベース

浅海郁典 (バリトン担当)

創設時以来のメンバー。
普段は呉市内のキリスト教会牧師で、主に朝のお仕事。
賛美歌を得意(?)とする。
呉混でも元マネージャーを務める。
スターボーイズという名(迷?)グループ名を発案したのは彼とか。


ベース

藤原 敬 (バリトン、ベース担当)

歌う医学博士。
高校時代より男声合唱を始める。
平成8年呉混声合唱団に入団したものの男声合唱の魅力が
忘れられず、平成17年よりスターボーイズに参加。
パソコンを趣味とし、ホームページ作成も担当している。


ベース

森伊知郎 (ベース担当)

グループ一番の低声の持ち主。
普段は塾の先生で主に夜のお仕事。
昼間は精力的にPTAコーラスや知人と歌う会をするなど、歌うことを
楽しんでいる。
低い声を響かせる時、「これが,快感なんよねー。」と言う。


<ピアノ

実歳陽子 (ピアニスト)

7人目のスターボーイズ?名ピアニストで、マドンナ的存在。
難曲も自在にこなし、リクエストに応えてアレンジ演奏もする。
普段はピアノの先生だが、日々県内所狭しとコンサート活動、
ライブ活動を精力的に企画・運営し活躍中。
エリザベト音楽大学卒業。プリムヴェール主宰。